プログラム

【第一部】チロル地方のフォルクロア 
オーストリア音楽のルーツ、チロル地方の民俗衣装を身にまとった“マリア&エーデルワイストリオ”の登場です。

 

◆歌、ヨーデル、司会:草彅英子
 トランペット、歌、シュタイリッシュハーモニカ:鈴木啓之、
 アコーデオン:田代依子、
 バリトン、テューバ:石川勝巳

<曲目>(予定)
●ヨーデル大好き

●クーフシュタインの歌
●ティロラーブラボーヨーデル

●ティロラーブラボーヨーデル

●雪のワルツ(クーグロッケン)
●アルプホルンワルツ

●ドイツ民謡メドレー (曲順未定)

【第二部】モーツァルトとクライスラー 

オーストリア音楽の洗練の極み、モーツァルト(1756-1791)のピアノ作品と、ウィーンを象徴するヴァイオリニスト フリッツ・クライスラー(1875-1962)の愛らしいヴァイオリン小品。
ウィーンのヴァイオリニスト ヴォルフガング・ダヴィッドと、少年時代から永年ウィーンで学んだピアニスト 梯 剛之の演奏です。

<曲目>(予定/曲順未定)

●クライスラー:愛の喜び

●クライスラー:美しきロスマリン
●クライスラー:愛の悲しみ
●モーツァルト:トルコ行進曲

●モーツァルト:ロンド ニ長調 ※
●クライスラー:シンコペーション

●クライスラー:中国の太鼓
●クライスラー:ウィーン奇想曲
アンコール:クライスラー:ウィーン小行進曲
(※印は ピアノ・ソロ)